Fステージについて

Fステージの最大の特徴は、なんと言っても、即登録によるリアルなレスポンスを大切にして継続してきた事です
どうしても、掲載のメリットとデメリットは、ついて回るものです。
どのような情報を注意したらいいのか?
例えば、耐震偽造や近未来通信など正式に、「間違いが許されないから特別な手当てがついている方々、行政皆さんの」国の認可届の受理がされた情報ですからこれ以上の判断は、難しい所です。そのような認可ないなら、まだ確認する可能性が増えるのですが・・そこで
掲載依頼のおかしいと思われる物は、排除していましたが「近未来通信」の関係情報が一件掲載になっていました。これが、リアル掲載のいや、無料サービスの限界デメリット部分です「大変すいません」

そこで、危ない情報は、どのような情報が、あるのか?
タイトルの名称が、意味不明なサイト、商品名や何か別の目的にさそう情報など、タイトルあいまいなサイトは危険な場合が、有るようです。「*1」
カテゴリが、まったく無関係、「自己中心的に、情報を無視して目立とうとするサイト」別の情報に誘導しているなど、例えば以前、出会い系サイトや詐欺サイトの危険を語ってここなら安全と、出会い系サイトに誘導など年齢制限情報利用禁止サーチにごまかして登録と、もっとも危険な部類
闇金対策をしている人物が「対策をする資格など」不明の対策サイトなど
また、初期、Fステージは
掲載審査ランクを自動で高くする事でより高いメリットの為の掲載に切り替えていっていますが、安全に努力する姿勢であって、安全を保障するものでは有りません。このような部分からも自己判断してご利用下さい
え・・即登録なのに、掲載審査ランク?それは、サーチエンジンが自動で学習しながら判断して掲載をする最新の即登録です。当然、利用も掲載も含め無料です。掲載も利用条件を守って頂ければ他に条件ありません

即登録について
更新重視機能について
掲載のコンセプト
ディアルサーチエンジン方式
シリーズサーチエンジンについて


即登録について
即登録で始めたサーチエンジンも、大抵がその手間から審査方式に切り替えてしまう場合が多いようです
その理由に、禁止分野の無理やりの登録や繰り返しの登録があり、そのようなサイトほど、大変危険な詐欺サイトだったりするものです。サーチエンジン管理として利用者の方や掲載サイトの方のイメージなどを考えると通常の即登録方式では、その対応に大変な手間がかかることになります。標準で用意されている拒否機能は大変取り扱いが難しく
それらを使いこなせない事で、無関係なサイトの方まで拒否がかかることになります そこで、Fステージでは、新しい機能の自動掲載判断制御付きの掲載方式の即登録「リアル掲載」を採用しています
サーチエンジンが学習しながらあらゆる情報から掲載をするかしないかの判断をして、その判断が難しいと判断した場合は、仮登録で審査にまわします、通常の登録の通常のサイトの方は、その場で掲載がされる。即登録「リアル掲載」方式が理想的に実現されたサーチエンジンです
TOP↑


更新重視設定の考えとして、
新しく出来て登録された情報も新鮮で魅力的な場合も有りますが、時間を得て、知識を増やして、更新された歴史の有る管理人サイト皆さんほど思わぬすごいサイトが、出てくる可能性が高く。
本当に、魅力的なサイトが隠れている場合があると考えているからです。
activeボタン!更新された日から表示する日数期間。それも、登録受け付けの早い方が、優先的に最初に表示される魅力的なボタンです。
さらに、再び新着の一番上に、更新情報も、カテゴリー表示部分も一番上に表示が再修正されます
つまり、早く登録した方ほど有利になります。
但し、当然、何もしなければ、情報は下に埋もれてしまいますが
更新する事で、その後に登録された方や「時間が立てば経つほど」新着サイトには真似の出来ない特権がその場で、得られます。取り合えす貴方のサイトをお持ちならば登録しておいて下さい。いざと言う時に、埋もれさせない更新重視表示です。
TOP↑


掲載のコンセプト
掲載判断部分は初期は甘く、後半になったら、審査ランクを高く設定する方式です。Fステージは、シリーズ化されてきていますが、初期のディアルサーチエンジン02WIDE Fステージは、確認部分が高くなりつつあります
理由として、以前のように50から100サイト近くを毎日受け付けていた場合すぐに、理想掲載数を超えて、重たくなったり、ハングアップするなどの確率が高くなり、結論として受付を停止するしか無くなります。
受付を停止してしまう事で、新しい情報が来なくなった事で、アクセスは、かなり低下する事になってしまいます。それでは、せっかく登録頂いたサイトの方にメリットが半減してしまいます。
だからと言ってリンク切れサイトをこれだけの数探し出して削除する手間の割には、思ったよりも件数を減らせないものです
即登録やあらゆる面のレスポンスを理想的に継続する方法としてこのような掲載方法採用しています
TOP↑


ディアルサーチエンジン方式
初期のFステージのスタート直後の考えで、即掲載の方法では、中々良い掲載が難しいだろうと、サーチエンジンをディアルにして、ディアル側の受付方法を、初段の即登録側サーチエンジンでカテゴリーを1つアドバンスナビ登録依頼のカテゴリに変更する事で登録依頼になり、掲載作業でデータ転送登録された時点で送られる完了通知の説明の作業をする事で本掲載になる方式です。審査掲載方式が逆になる以前の掲載から、アドバンス掲載者を信頼する掲載です「理解頂けるでしょうか、単純に登録データ判断するのではなく登録依頼者の信頼性を確認するFステージの大切にする部分です。」
直接の受付は一切せず。特殊な受付方法を多分世界初になるんじゃないのかという方式でその工夫からよりえりすぐられたHPを掲載する目的で作られたサーチエンジンです。
TOP↑

とにかく変わった事をやりたいというビジョンやコンセプトの1つの形です


シリーズサーチエンジンについて
02WIDE Fステージをやってきて、即登録を意地でも継続して、より良い掲載であるようにと、サーチエンジン管理部では、有る面、不可能に近い目標を立てて立ち上がったサーチエンジンでした。その対策機能に、掲載判断自動制御システムの完成があり、せっかくならば、手間を掛けて登録する方の良いサイトの情報がより良い形でレスポンスとアクセスに綱がるようにと増やしました、それが、シリーズ化で足りない部分を補う考えです
TOP↑


Fステージ名称について
Fの由来、”F”はコンピュータの16進法の数字の最大を意味する数字で、あの当時画期的でも有った複数連動データ共有のあのアクティブファーストエンジンズの”F”でもあり
フルパワーで、次世代の先進のステージを目指す扉や幕を開くそのネットのドラマや物語を作るステージという意味も込めている意味になります。数々のオプション機能やサーチエンジン自動判断式リアル掲載依頼方式など数々の工夫にトライしている部分があり、制御部分も有りリアル掲載でも、皆さんのサイトのイメージなども比較的安心して、レスポンス良く掲載がされるサーチエンジンとして、登録だけではなくあらゆる工夫で皆さんのサイトのリアルなレスポンスの有る情報構成を目標に作られています
TOP↑


02WIDE Fステージ & アドバンス

No.1 02WIDE Fステージ「↓アドバンスとセットでディアルサーチエンジン」
No.2 Fステージアドバンス「上記と合わせてディアル化サーチエンジンです」

No.3 Fステージ Real 2nd「Fステージのテスト環境でも有るサーチエンジン」

No.4 Fステージ4「 Real 2ndのテスト環境で掲載を控え間にしている為、代りに作られた最新サーチエンジンです」

別シリーズ
アクティブセカンドエンジンズ「Fステージが作り上げたといってもいい次世代型未来サーチエンジン」
active02WIDE NAVI PC & Mobile「掲載を疑問からサーチするテーマに変更強化中の独自の掲載方法のサーチエンジン」
携帯はデータ独立して、http://w.mwa.jp/に、アクセスする事でメディアに適切なデータのサーチエンジンをセレクトしてくれます。「登録に付いては各自別々」 PCから携帯のサーチ登録所「http://mb.mwa.jp/
ActiveResearchシリーズサーチエンジン最上位TOP「現地所在地のはっきりした信頼の掲載」もっとも掲載ランクの高い一品です

メンバー関連
SEO Rootsディアル化リアル掲載サーチエンジン「組み合わせの探し方の方向を変えて掲載ディアルリアルサーチエンジン」即登録方式の究極を追求したサーチエンジンの一品
TOP↑
相互リンクに付いては
リアル相互と言うアクセスランキングを代用しています。相互リンクの受付をしても、嘘の報告や何か別の目的を持った妨害らしき登録時の報告もあり、登録後、連絡を頂いた方を相互のマーク追加する方法を取り、相互リンクは大切なリンクの輪と考えて、状況によっては、相互マークを追加しない場合もあります

その基準に付いては、ネット上の歴史の有るしっかりしたサーチエンジンを参考にして下さい「掲載件数ではなく掲載基準や掲載のレベルの高さでそのサーチエンジンが判断できると思います」
Fステージなどその点では、まだまだです。
さらに、この対応は、中々手間が掛かる部分で、その手間をこれらビジョンのサーチエンジンを台数を立ち上げる事で利用皆さんに、メリットを付けられたらと考えている部分もあります

Fステージよりも高いランクサーチエンジンや関連サイトと相互頂いている皆さんを掲載するサーチエンジン!一切の単独受付をしない相互リンク中の相互リンクサーチエンジン
相互リンクは、信頼で結ぶ大切なリンクの輪、それを条件を付けたり名称にするべきではない。もし、この名称を与えるとしたなたば・・その答えの一つがこのサーチエンジンです「Fステージでは掲載対象外」
アクティブ相互リンクプラス

*1、
めちゃくちゃな登録をする業者にご注意下さい。この事をサーチエンジンスパム登録業者とここでは、名づけていますが、どうも悪質商法からの流れの連中もあるようで、偽の登録代行やSEOを強調する作成会社らしき所のスパム登録なども、確認したそれらHPは、掲載中止にしています

ご存知と思いますが、ネットアクセスで注意するポイントを記入してみました
意味不明なサイトで、皆さん自身の個人情報を提示しない。
不特定多数の使うパソコンで重要な取引はしない
突然、何か「憶えの無い」意味不明の請求や問い合わせには、答えない。架空請求などの詐欺が十分考えられます。むやみに、回答する事で貴方自身が個人情報を与えてしまう事になりかねません
ネット上で使うパスワードと重要なパスワードは区別する
脅されたり要求されたりした対策、として
・皆さんの接続のプロバイダーサポートに相談する
・サイバー警察に直接相談
もしも、未成年の方で、年齢制限の情報などで、誰かが脅してきた被害の場合
「後ろめたさを付くなど」まれに、有るようですが、まったく心配する必要はありません。「スパムメールの中など間違ってリンクしてしまう場合も有りますから」サイバー警察のネットに詳しい担当者かを確認して、その担当者に、相談して下さい。この場合!脅した人間が未成年誘導や脅迫になりますから、心配で相手に連絡してしまう事の無いように
どこかのホームページ上に、貴方自身の情報が勝手に有る場合、そのレンタルサーバ会社に連絡をして対応してもらう。アドレスがドメインの場合は、サーバを調べるより、皆さんの接続のプロバイダの方に対応を聞くか?その場合!サイバー警察が早いでしょう
憶えの無いメールの情報
スパムメール、これは、その中の情報をリンクしない事、「リンクの方法とメールと関連付けしている場合が有り」さらに、スパイウエアー付きの悪質なものもありますので、開かないで捨てましょう
スパムメール、大変危険なものばかりと考えて下さい
ネットでやっては行けないポイントを押さえて下さい。難しい事は有りません

サーチエンジンが、このような情報の提示をする事で、その後、妨害目的らしき同一人物が大量にめちゃくちゃな登録してきますが、それらも最近のここでは、制御システムの学習や拒否のパワーアップになります。そして、このようなデータから、スパム系登録をしている登録業者だった例もあり、「そこは詐欺商法で警察に捕まったようですが、まだグループになっていて別の地域に残っている情報の警鐘も確認されています」これら業者の中に、悪質商法と密接な連中がいる可能性や危険性の警鐘をしている部分です。
偽登録業者関係や偽の登録補助「偽一括登録サイト」や登録ソフトの危険、サーチエンジンが登録受付を停止していて、「サイバー警察ページにリンク」通常管理人しか出来ない登録が出来た場合、そのアクセスのデータは誰ですか?登録データは?ご注意下さい
この法律、明確にする為に法律の上に法律を加えてますが、サーチエンジンサイトが設定を変更した瞬間から、詳しい法律家が出てきたら現時点でも重大な犯罪になると思いますよ!
皆さんのサイトの紹介とこのような犯罪サイトと出来れば同時に紹介されたくないと思います。その区別に多少でも力になれたら・・・

TOP↑